本館で書いている夢小説とは打って変わって詩を徒然なるままに書きつづります。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
11月TOP



君が去った後の僕の心は雨が降ったのに、


そんな僕のを差し置いて、



今日は嫌味なほどに晴れた。

嗚呼。



これからの未来に、





僕の心の水溜まりは消えることはあるの?
スポンサーサイト
  c:0   t:0   [駄文]
旅立ち
新しい出発をお祝いしよう。
長くて、先が見えないけど。

その先にあるのはきっと、

軌跡、だよね?
  c:0   t:0   [駄文]
雨。
静かに話し終わって、
何もなかったかのように私は口を噤む。

貴方はただ下を向いたまま何も言わず。
私は微動だにしない、貴方が気になって仕方がなかった。

いきなり頭を上げて、外を眺め始めた貴方。

貴方の考えてることが解らなくて、ただ、私も外を眺めた。


「雨、だね。」


貴方は、低い声でそう言って、少し微笑んだ。

「そう、ね。」

私はただそう言うことしかできなくて。
何も気の利いた言葉さえ見つからず、
自分が愚かしくて、卑しくて、

意味もなく泣けてきた。


「泣くなよ。」


貴方が心配してくれる顔が見たいんじゃないの。
ううん、本当は見たい。
あたしだけを見てくれてるんだよね?
その時だけは。

好きよ?
貴方のことが好きよ?
だから。

貴方は、私のこと本当に好いてくれてる?
意味もなく泣く私をどう思ってる?



***


僕の頭の中で君の言っていることが追いつかない。
頭の中がグチャグチャだ。

君の言葉で頭がだんだん重くなっていく。
苦しいよ。

喫茶店の窓ぎわ、
今朝から曇り空だった。
今は、窓から冷気が漂ってくる。

噫、雨が降ってきたよ。

今のボクの頭は、水を吸ったスポンジのように重くて、思考が追いつかない。
意志に反して、僕の顔は笑みを浮かべ始めた。
もう、駄目だね。
こんな僕だから君を守ってあげられる程、
強くないんだ。

そんなこと、解ってたのにね。

そんな僕の、くだらない言葉に、君は言葉を返してくれた。

でも。


その後、君は泣き出して。


僕はどうすればいいの?
僕は、
僕は、君を守ってあげられない。
強くないから。

僕の前で、美しい涙を流す君が。
確かに、僕は君のことが好きだ。


もう一度、君と恋することは、望んではいけないのか?

 more...

  c:0   t:0   [駄文]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。