本館で書いている夢小説とは打って変わって詩を徒然なるままに書きつづります。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
あの日、あの唄
大好きな唄を小さく口ずさんでいた。
自分のために唄っていた。
その唄は、私が大切にしている唄だった。
自分の心のなかだけに、遠く響けと唄った。

大好きな人が、私の大好きな唄を精一杯唄ってくれた。
私は、精一杯きいた。
心臓が揺れた。
あの人の声に、私は揺れた。
私の心のなかに、どこまでも遠く響いていった。

私が唄う、その唄はただの慰めでしかなかった。
あの人の唄は、記憶と心に響いて、染み付いた。

あの日の余韻、耳鳴り。

だらしのないダンスと、涙。

嗚呼、私はこれさえも忘れてしまうのだろうか。
記憶の片隅へと…。
スポンサーサイト
  c:0   t:0   []
生まれたこと。
「おめでとう。」

一番言って欲しい人はもういなくて、
あの、懐かしいはずの声さえ思い出せなくなって、
ぬくもりは遠の昔に忘れてしまって。
何処かにいるとは解っているけど、
証拠が無いので信じるに値しません。

日常の繰り返しに大切な何かが薄まって、
要らない物だけが残る。

嗚呼。
貴方はいつか一緒に歩いた秋桜畑、まだ覚えていますか?

私は今日、其処で
今までの清算をしてきました。

貴方を忘れるためじゃあないですよ。

一歩だけ、前に進みたいから。

だから、今日を選びました。
  c:0   t:0   []
last song...
何かが変わろうとも、
私は、私でいたい。

月日が経って、
季節が変わって、
背が伸びても、

私はきっと私のままで、
ずっと弱いままで、

意味もなく歌い続けて、

ただ、ひたすら何かを待ち続けているんだろう。

これが、最後の日になろうとも。
  c:0   t:0   []
愛情表現。
好きです。

簡単な言葉なはずなのに、
言葉の意味が重すぎて、

私の口からは綺麗な形で出てこない。

歪んで、傷ついて。
欠けて。
掛け替えの無い物は脆くて。

それが、あたしの愛情表現。
  c:0   t:0   []
9月top。
ねぇ。


私はちゃんと、私を演じきれている?

何処かで台詞を間違えていない?
何処かで勝手に筋書きを書き換えていない?


いま、何も信じられなくなって、
台本読み直した。

私がいま演じている場所から先は、

未だ、真っ白だった。


炙り出しのストーリーなの?

私が書き換えて創るストーリーなの?


結末は最初から決まっているのでしょう?



それが、私の舞台なのだから。
  c:0   t:0   []
もう、終わりなのかな。

きっと、終わりだよ。

もう、駄目なんだよ。

きっと、駄目。


分かってるよ。

バイバイしよう。



もう、私は貴方の名前、呼んだりしないから。


 more...

  c:0   t:0   []
タイトルなし
欲してた。
何もかも。

完璧な貴方を、

完璧な人なんか居ないって、
判っているのに。

嗚呼、馬鹿だね。あたし。

さよなら。

あたしは当分、前を向くことも、
心の中のアルバム広げることも、
大好きなあの歌を聴くことも。

何もかも辛いから。

ごめんね。
  c:0   t:0   []
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。