本館で書いている夢小説とは打って変わって詩を徒然なるままに書きつづります。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
***
消すことの出来ない過去と
常に取り憑くトラウマ

貴方への想いは
そのうち
いつか
消えていくのだろうけど

貴方を好きだと思った瞬間があったことは
消えていかないのだろう。

  c:0   t:0   []
優しい人
知らなくていいよ

遠い 遠い
あの日のこと

気付けなかった
しまわれた暗号

貴方気付いてたんだね

私になんで優しい言葉をくれたの?

貴方の大切な人は
一番近くにいるでしょう?

 more...

  c:0   t:0   []
11ヵ月
好きになる。
苦しくなるほど。

後ろ姿見つける度
無意味に苦しくなる。

手が届かないからこそ、
無意味に憧れる。

貴方は私の想いを知らずにいてください。

最後には私の想いは沫の如く消え潰れ、
嫌味なほど咲き誇る薄紅色に流される。

貴方が語ってくれた世界が、
こんなにも歪んで見えるのは

何故でしょう。

 more...

  c:0   t:0   []
さようなら。
さよなら
其れを繰り返すうち
ちゃんと別れを告げることが出来るのは
何度でしょうか。

さよなら
其の繰り返しの中
綺麗に忘れた別れは
有ったのでしょうか。

さよなら
其の繰り返しは
私を未練だらけにしてゆきます。

 more...

  c:0   t:0   []
2~3月のTOP
貴方は話してくれました。

遠い昔の貴方のことを。

いつもは輝いて見える、その瞳を、

何故か辛そうに眼鏡の奥の目を細めて、

遠い日のことを、ぽつり、ぽつり。


私は、急に貴方が遠くなりそうで、

不意に怖くなりました。

貴方のシャツの裾を掴んで、

「何処にも行かないで。」と、

意味もなく繰り返すだけでした。
  c:0   t:0   [未分類]
back | HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。